Facebook

国際結婚姉妹サイト

結婚ビザ

本当の難関は結婚ではなく配偶者ビザ。専門サイトでしっかり情報収集>>配偶者ビザ

弊社へのお問合せ

弊社サポート料金

結婚公証書など、公証書について

結婚公証書
中国・広東省の公証処で発行された結婚公証書

ご結婚後、日本でビザや帰化の申請をする際には、「公証書」の提出が必要になることがあります。

この公証書とは一体なんでしょうか? 

公証書とは、公証処(公証所)という役所で発行してもらう文書です。


以下、日本人と中国人とのご結婚手続き・配偶者ビザ申請のプロアルファサポート行政書士事務所が「結婚公証書」について詳しく解説します!

結婚公証書
中国・遼寧省の公証処

 中国の公証処は、日本の公証役場と同様の機能

を果たしています。

すなわち公証処は、中国人の身分関係について、

他の方法では証明できない親族関係などを、当事者の立証に基づいて証明してくれる機関です。

公証処は機能としては日本の公証役場と同じですが、日本人は身分関係についてはほとんどすべてを戸籍によって証明できますので、身分関係を公証する必要は通常はありません。

しかし中国では、例えばこのホームページのトップページにてご説明している「戸口簿」が一見すると戸籍の代替物のように見えるのですが、「戸口簿」には、戸主と自分との関係しか記載されないため、戸主が父親である場合、母親と自分との関係を戸口簿で直接的に証明することはできないことになります。

 中国人同士あるいは中国人と日本人との結婚は、婚姻登記所が交付

する「結婚証」という赤い手帳で立証することができます。

一方、中国人の家族関係を証明したり、親子関係を証明したりする

方法は、公証書によることになります。それぞれ、「親族関係公証

書」「親子関係公証書」などと呼ばれます。

重要なポイントは、これが「当事者の立証に基づいている」という

点です。当事者の立証が無ければ、これらの関係を証明する手段が

ないこととなります(裁判の判決所を除く)。

 

アルファサポート行政書士事務所では多くの中国人の帰化申請をお

手伝いしていますが、帰化申請などの際に、中国での結婚公証書を

求められることが多くあります。

しかしながら、公証処が発行する結婚公証書は、当事者が持参する

「結婚証」に基づいて作成されますので、わざわざ結婚公証書を確

認しなくても、「結婚証」を確認すれば、夫婦であること自体は確

認がとれます。あえて、結婚公証書を要求されるときには、その結

婚証が正規のものであることについて、中国の官憲の眼(チェック)

が一度入っていることに重きを置かれているものと解釈されます。

 

中国人が日本の在留資格「家族滞在」を申請する場合に、出生公証

書などが必要になる場合もありますが、これも同じです。

中国人の場合、戸口簿や居民身分証に、当人の生年月日や出生地が

記載され、これを用いて生年月日等を証明することはできますが、

出生証明書(いわゆるBirth Certificate)には通常、実父と実母の

記載が要求されますので、それらの要求を満たす書面を用意するた

めに公証処が利用されているのです。

お客様の在留資格がぞくぞくと許可されています!!

結婚公証書

配偶者ビザのノウハウ満載

結婚ビザ

日本での結婚生活をお考えの方は入国管理局への配偶者ビザ申請に特化した専門サイトで情報収集!>>配偶者ビザ

弊社のサポート料金